HOME >
更新日:2016年05月29日


 
 タイトル ●2016年度 ドナルド・マクドナルド・ハウス財団助成事業 (LINK)
  公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン
 締切 5月31日
 コメント 難病児及びその家族を支援する福祉、医療分野におけるボランティア団体への助成。総額は200万円。使用用途は、以下の内容を全て満たしていることが条件。0歳〜21歳までの子どもの健康や福祉を直接改善するプログラム 多くの子ども達を支援する見込みがあるプログラムI要性が高く目的が明確なプログラム っ賃里留娠槌颪箚浜費以外の使用用途
 掲載日 2016/05/07
 
 タイトル ●国内まちづくり事業「まちづくり人」応援一般公募助成事業 (LINK)
  一般財団法人まちづくり地球市民財団
 締切 5月31日
 コメント 本年度も、まちづくりを推進し活力ある地域の発展を目的とした、市民活動家や団体等に助成を行うと共に、地域の防災や減災に貢献する活動にも助成の枠を広げて、全国各地で疲弊する「中心市街地の活性化」問題を解決する糸口となる活動を中心に、安全で安心して生活を営むことができる地域として推進や提案する活動を応援したいと考えています。
 掲載日 2016/05/06
 
 タイトル ●平成28年度施設整備等助成事業 (LINK)
  公益財団法人中央競馬馬主社会福祉財団
 締切 5月31日
 コメント 中央競馬馬主社会福祉財団は、社会福祉法人、特定非営利活動(NPO)法人等が運営する社会福祉施設等に対する施設整備等の助成事業を行っています。主な対象事業は、福祉車両、送迎用車両、特殊浴槽等備品の購入又は施設の設置、増改築及び各種修繕工事等で、各種施設の運営に必要なものとなっています。
 掲載日 2016/04/21
 
 タイトル ●2016年度(第42回)社会福祉助成金 (LINK)
  社会福祉法人丸紅基金
 締切 5月31日
 コメント 1975年より全国の福祉施設や団体が必要とする設備、機器、車輌、 家屋のほか、各種団体が行う調査・研究活動などの資金助成として、毎年約1億円の助成を継続しております。助成の対象は、わが国における社会福祉事業(福祉施設の運営、福祉活動など)を行う民間の団体が企画する事業。条件等詳細は募集要項を参照してください。
 掲載日 2016/04/16
 
 タイトル ●2016年度在宅医療助成(前期) (テーマ指定公募) (LINK)
  公益財団法人在宅医療助成勇美記念財団
 締切 5月31日
 コメント テーマ指定公募(指定公募)とはあらかじめ財団が研究テーマを指定し、一般から公募する形態です。テーマは以下の通り。〇毀韻僚犬こ催への助成 テーマ:「在宅医療」知っていますか?家で最期まで療養したい人に。地域包括ケアを目的とした在宅医療推進のための多職種連携研修会への助成 「在宅医療推進のための学会等への共催」 に問看護ステーション等が開設する医療・介護の相談室づくり(3年計画)
 掲載日 2016/04/02
 
 タイトル ●2016年度在宅医療助成(前期)(一般公募) (LINK)
  公益財団法人在宅医療助成勇美記念財団
 締切 5月31日
 コメント 今まで既に行われているような単なる技術的な研究にとどまらず、提供者側・利用者側双方の視点からの「在宅医療」の問題そのものを明確化し、研究データを積み重ね、将来の在宅医療の開発、方向性・在り方の提案・提示、政策提言等を行うような研究を促進したいと考えます。本財団では、そうした意欲的な研究への助成とその成果を通じて、これからのよりよい社会とその中での「在宅医療」の実現を目指しております。
 掲載日 2016/04/02
 
 タイトル ●2016年度ニッセイ財団高齢社会助成「地域福祉チャレンジ活動助成」 (LINK)
  公益財団法人日本生命財団
 締切 5月31日
 コメント 今、「人生90年時代の社会システム・地域づくり」へ向けて何よりも必要なことは、地域包括ケアシステム(地域での継続的自立生活を支える)の推進です。ついては、地域包括ケアシステムの展開につながる以下の4つのテーマのいずれかに該当する活動へチャレンジするための助成を行います。1.認知症(「若年認知症」を含む)の人の地域での生活を支えるチャレンジ活動 (本財団恒久分野) 2.サービスの創出に向けてのチャレンジ活動(独自財源づくりを含む) 3.インフォーマルサービスとフォーマルサービスの連携による地域づくりに貢献するチャレンジ活動 4. 医療・介護・福祉・保健の連携を実現するためのチャレンジ活動
 掲載日 2016/03/12
 
 タイトル ●2016年度(第46回)毎日社会福祉顕彰 (LINK)
  公益財団法人毎日新聞社会事業団
 締切 推薦締切5月31日
 コメント この顕彰は1971(昭和46)年、毎日新聞社会事業団の創立60 周年を記念して設定し、毎年実施しているものです。全国の社会福祉関係者および団体のなかから、とくに優れた功績をあげ、社会福祉の発展向上に貢献している個人あるいは団体を顕彰し、新しい福祉国家の形成と進展に寄与するねらいです。
 掲載日 2016/03/06
 
 タイトル ●第33回(平成28年度)老後を豊かにするボランティア活動資金 (LINK)
  公益財団法人みずほ教育福祉財団
 締切 5月31日
 コメント 高齢化社会を迎え、高齢者が住みなれた街で安心して生活するための、地域住民・ボランティアによる主体的かつ活発な福祉活動に対するニーズが、一段と高まっています。本助成事業は、地域に根ざした、高齢者を主な対象としたボランティア活動等の支援を目的として、その活動に継続的に使用される用具・機器類の取得資金を助成します。
 掲載日 2016/02/13
 
 タイトル ●芸術文化振興基金 (国内映画祭等の活動)(第2回募集) (LINK)
  独立行政法人日本芸術文化振興会
 締切 6月1日
 コメント 【活動区分:国内映画祭】映像芸術の普及を目的として、映画の上映を中心とした総合的な催しを支援します。実績要件は、過去に、日本国内において開催される映画祭を自ら主催した実績を有する団体であること。【活動区分:日本映画上映活動】映像芸術の普及を目的として、日本映画の多様な鑑賞機会の充実を図るための特色ある上映活動を支援します。実績要件は、過去に、日本国内において開催される広く一般に開かれた有料の上映会(映画館又はホールにおいて、原則として1年間に延べ3日間以上)を自ら主催した実績を有する団体、又は被災地等における上映会を自ら主催した実績を有する団体であること。
 掲載日 2015/11/06
 
 タイトル ●文化芸術振興費補助金(映画製作への支援)(第2回) (LINK)
  独立行政法人日本芸術文化振興会
 締切 6月1日
 コメント 我が国の優れた映画の製作活動を奨励し、その振興を図るため、日本映画の製作活動を助成します。
 掲載日 2015/11/01
 
 タイトル ●文化芸術交流海外派遣助成(第2回) (LINK)
  独立行政法人国際交流基金
 締切 6月1日
 コメント 日本の芸術や文化の海外への紹介や文化芸術分野における国際的な貢献を目的として、海外において舞台公演・講演・デモンストレーション・ワークショップ等の文化芸術事業を実施するため、海外に渡航する芸術家や日本文化の諸分野の専門家等に対し、経費の一部を助成します。
 掲載日 2015/11/01
 
 タイトル ●アジア・文化創造協働助成(第2回) (LINK)
  独立行政法人国際交流基金
 締切 6月1日
 コメント 協働を通じ日本を含むアジアの人々の間に共感や共生の意識を育んでいくために、アジアにおいて文化芸術・スポーツ・知的交流分野の専門家・専門機関が取り組む共同制作や共同研究等の協働事業及びその成果発信事業について、経費の一部を助成します。
 掲載日 2015/11/01
 
 タイトル ●アジア・市民交流助成(第2回) (LINK)
  独立行政法人国際交流基金
 締切 6月1日
 コメント 日本とアジア諸国の交流の裾野を広げ、アジア域内の人々の相互理解や友好親善を促進するために、市民レベル・地域レベルの交流事業を実施する日本国内の団体を対象に、経費の一部を助成します。
 掲載日 2015/11/01
 
 タイトル ●第23回コカ・コーラ環境教育賞「次世代支援部門」 (LINK)
  公益財団法人コカ・コーラ教育・環境財団
 締切 6月3日
 コメント コカ・コーラ環境教育賞「次世代支援部門」は、高校生および大学生による、環境保全・環境啓発に寄与する新しい企画を具現化することを目的とし、支援を行います。また、次世代支援部門は、将来的に社会の環境教育に役立つことを目指します。
 掲載日 2016/05/06
 
 タイトル ●第23回コカ・コーラ環境教育賞「活動表彰部門」 (LINK)
  公益財団法人コカ・コーラ教育・環境財団
 締切 6月3日
 コメント コカ・コーラ環境教育賞「活動表彰部門」は、環境教育・環境保全活動を促進する事を目的に、小中学生を対象にした地域社会の環境教育に関する活動が顕著な個人・団体を称え、表彰します。
 掲載日 2016/05/06
 
 タイトル ●社会起業塾イニシアティブ (LINK)
  NPO法人ETIC
 締切 6月8日
 コメント 社会起業塾イニシアティブでは、企業が主体となって社会起業家の卵を支援していくことにより、次世代の担い手を増やし、社会の課題解決を加速していくことを目指しています。企業にとっても、社会起業家との連携・協働を通じて、新たな社会課題や解決に向けた新しい切り口を知ることにより、中長期的にはパートナー企業の人材育成や事業創出につながることを期待しています。(オフィシャルパートナー:NEC社会起業塾、花王社会起業塾、エヌエヌ生命社会起業塾、NTTドコモ社会起業塾)代表者をはじめ、活動の中心メンバーが35歳以下程度であることなどの応募条件あり。
 掲載日 2016/05/25
 
 タイトル ●東日本大震災現地NPO応援基金 [特定助成]「大和証券フェニックスジャパン・プログラム2016」 (LINK)
  認定特定非営利活動法人 日本NPOセンター
 締切 6月8日
 コメント 被災者の生活再建に取り組むNPOの人材育成を応援します。東日本大震災の復興支援(被災者の生活再建等の支援)のため、NPOの果たす役割には大きな期待が寄せられています。しかしその組織基盤は未だ弱く、必要な支援を自力で安定的に供給するためには組織の基盤強化が必要であり、特に適切な人材の確保と育成が必要不可欠です。このプログラムでは、将来にわたり組織の中核を担う人材を、雇用から支援し、育成することで、被災地の復興を支援します。
 掲載日 2016/04/14
 
 タイトル ●平成28年度予算ふるさとテレワーク推進事業に係る提案の公募 (LINK)
  総務省
 締切 6月10日
 コメント 総務省は、地方におけるサテライトオフィス又はテレワークセンターの拠点の整備を通じて、ICTの利活用により、地方への人や仕事の流れの創出や時間や場所にとらわれない柔軟な働き方の実現、ワーク・ライフ・バランスの向上、地域の活性化に資するため、「ふるさとテレワーク推進事業」に係る提案を公募します。
 掲載日 2016/05/25
 
 タイトル ●「平成28年熊本地震」 災害時ボランティア活動助成募集 (LINK)
  公益財団法人大和証券福祉財団
 締切 6月10日
 コメント 応募課題は、「平成28年熊本地震」(熊本県外含む)による被災者のための支援活動です。応募資格は、活動している会員数が5名以上の非営利を目的とした団体・グループ(任意団体、NPO法人、財団法人、社団法人、社会福祉法人、学校のサークル等)で、法人格の有無や活動実績は問いません。特に学生及び専門性を必要とするサポートを行っている団体・グループ です。助成対象期間(「活動助成報告書」における提出領収書の有効期限) は、平成28年5月1日(日)〜平成29年7月31日(月) です。
 掲載日 2016/05/18
 
 タイトル ●「熊本地震」で被災した子どもの支援活動助成 (LINK)
  公益財団法人ベネッセこども基金
 締切 6月10日
 コメント 当財団では、緊急助成を行い、熊本地震で被災した子どもたちを支える団体の活動を支援します。助成のテーマ・活動:【被災した子どもの生活や学習の支援】特に、緊急性の高い支援として、病気や障がい、その他で生活上の困難を抱える子どもや、被災によるストレスや学習困難などを抱える子どもに対する支援※今回の助成は、緊急性のある事業を優先するため、「すでに活動をスタートしている」もしくは「具体的な活動の目途がすでについている」活動を対象とします。
 掲載日 2016/05/10
 
 タイトル ●藤本倫子環境保全活動助成基金こども環境活動支援助成 (LINK)
  公益財団法人日本環境協会
 締切 6月10日
 コメント 「子どもたちの心にある環境への思いを育む」という理念の基、子ども達の自主的な環境活動に対して活動費用の助成を続けています。助成申請資格は以下の通り。 最低5名以上のメンバーが参加する環境に関心がある小学生または中学生のグループであること。 メンバーで力を合わせて取り組みたい環境活動や、学習したいテーマ(環境に関すること)があること。 活動の安全を図り、当基金事務局との事務連絡や会計管理を行う成人のサポートを受けることができること。
 掲載日 2016/05/07
 
 タイトル ●よみうり子育て応援団大賞 (LINK)
  株式会社読売新聞大阪本社
 締切 6月10日
 コメント 優れた子育て支援に取り組む団体を表彰し、発足したばかりのグループも応援します。対象は、子どもや親を対象にした支援活動を行う国内の民間グループや団体。どのようなテーマの活動でもかまいません。大賞(賞金200万円)1団体、奨励賞(同100万円)2団体を選びます。別に応募団体の中から選考委員特別賞(同20万円)を贈ります。
 掲載日 2016/04/20
 
 タイトル ●2016年度国際助成プログラム (LINK)
  公益財団法人トヨタ財団
 締切 6月10日
 コメント 2016年度の国際助成プログラムは、昨年度に引き続き「アジアの共通課題と相互交流 −学びあいから共感へ−」をテーマとします。サブテーマは以下の通り。A. 多世代・多文化を包摂する地域コミュニティ B. 新しい文化の創造:これからのアジアの共通基盤の構築 C. オープン領域(応募者による領域の提案) 対象国・地域は日本を含む東アジアと東南アジアです。2つ以上の対象国・地域を対象とするプロジェクトを実施することが条件となります。なお、2 つ以上の対象国・地域に加えて非対象国・地域を含めることは可能です。
 掲載日 2016/04/20
 
 タイトル ●2016年度ACT「アジア留学生インターン受入れ助成プログラム」助成事業 (LINK)
  公益信託 アジア・コミュニティ・トラスト
 締切 6月10日
 コメント 日本の大学に在籍するアジアからの留学生(正規の大学生・大学院生)が日本の民間非営利組織におけるインターンシップを通して、大学では得られない経験−日本社会の新しい動きや課題に取り組む現場での体験、地域社会の人々との直接的な交流等−をし、日本理解を深め、そして将来、留学生がインターンシップで習得した知見または技能を母国の社会で活用し、社会開発事業等の発展に資することを目的としています。助成対象事業は以下の通り。アジアの開発途上国(DAC援助受取国)から日本に留学し、日本の大学に在籍する留学生(正規の大学生・大学院生)を対象に、NPO/NGO等の民間非営利組織が実施する社会開発事業等におけるインターンシップ・プログラム。対象となる留学生は原則、1人/団体です。
 掲載日 2016/02/23
 
 タイトル ●第14回(平成28年度)「配食用小型電気自動車寄贈事業」 (LINK)
  公益財団法人 みずほ教育福祉財団
 締切 6月10日
 コメント 高齢化社会を迎え、地域の住民による主体的な福祉活動の重要性が、一段と高まっています。とりわけ、高齢者を対象とした配食サービスは、声掛けを通じた友愛活動を兼ねていることから、極めて意義深いものがあります。みずほ教育福祉財団では、高齢者を対象とした福祉活動を支援するため、みずほフィナンシャルグループ役職員からの募金を主な原資として、高齢者向けに配食サービスを行っている民間グループに対し、配食用小型電気自動車(愛称:みずほ号)の寄贈を行います。
 掲載日 2016/02/13
 
 タイトル ●三井物産環境基金「2016年度活動助成」 (LINK)
  三井物産株式会社
 締切 6月11日
 コメント 活動助成の対象は、申請者が主体的に取り組む持続可能な社会の実現に貢献する「実践的な環境貢献活動」で、以下の領域に係わるものとします。(A)地球環境: 自然の変化をモニタリングし、その結果に基づく必要な警鐘と対応につながる活動 (B)資源循環: 資源の効果的管理および活用につながる活動 (C)生態系・共生社会:生態系サービスの保全と利用、並びに生態系と人間が共存するための調整につながる活動 (D)人間と社会のつながり:環境問題を基盤にした、人と社会の関係の再構築に繋がる活動
 掲載日 2016/04/27
 
 タイトル ●2016年第1回草の根技術協力事業(草の根協力支援型) (LINK)
  独立行政法人国際協力機構(JICA)
 締切 6月14日
 コメント /佑魏陲靴拭峙蚕儷力」であること。開発途上国の人々の生活改善・生計向上に直接役立つ内容であること。F本の団体が行い、日本の市民が国際協力に対する理解・参加を促す機会となること。以上の 3 点を踏まえた上で、草の根レベルのきめ細やかな活動が行われる事業が対象。また、団体の途上国における活動経験を踏まえ、日本国内の課題解決に資する活動も事業総額の 10%を上限に含めることが可能。詳細は募集要項参照。
 掲載日 2016/05/07
 
 タイトル ●平成28年熊本地震 支援金「ボラサポ・九州」 (LINK)
  社会福祉法人中央共同募金
 締切 6月3日〜6月15日
 コメント 助成対象は、熊本地震で被災された方々を支援するボランティア活動等全般とします。被災地(熊本県、大分県)における活動だけでなく、被災者の県外(全国)避難先における活動も対象とします。なお、2016年4月14日以降の活動が対象となりますが、新しく立ち上げる活動については、助成決定時(2016年7月)に活動を開始している必要があります。詳細は応募要項を参照のこと。※第2次応募:応募期間 2016年9月上旬〜(予定)助成決定時期 2016年10月下旬(予定)
 掲載日 2016/05/03
 
 タイトル ●仙台市市民協働事業提案制度 平成28年度テーマ設定型事業提案募集 テーマ:「障害者差別解消・障害理解の促進に関するPR」 (LINK)
  仙台市
 締切 6月15日
 コメント 仙台市では平成24年度から、地域の課題について、市民活動団体、町内会等の地域団体、企業等の事業者など、多様な主体からの提案をもとに、仙台市との協働で解決していく市民協働事業提案制度を実施しております。このたび、仙台市で設定するテーマに基づき、平成28年度に実施する協働事業の提案を募集いたします。 設定テーマ:「障害者差別解消・障害理解の促進に関するPR」 この募集に関し、説明会を開催いたしますので、皆さまのご参加をお待ちしております。※応募に際しては、募集説明会への出席が必要となります。
 掲載日 2016/04/28
 
 タイトル ●仙台市市民協働事業提案制度 平成29年度協働事業提案募集 (LINK)
  仙台市
 締切 6月15日
 コメント 仙台市では平成24年度から、地域の課題について、市民活動団体、町内会等の地域団体、企業等の事業者など、多様な主体からの提案をもとに、仙台市との協働で解決していく市民協働事業提案制度を実施しており、このたび、平成29年度に実施する事業の提案を募集いたします。 この募集に関し、説明会を開催いたしますので、皆さまのご参加をお待ちしております。※応募に際しては、募集説明会への出席が必要となります。
 掲載日 2016/04/28
 
 タイトル ●助成支援事業 (LINK)
  公益財団法人宮城県文化振興財団
 締切 6月15日
 コメント 宮城県文化振興財団では、地域文化の振興及び文化活動の一層の活性化を図るため、県内の文化団体などが行う文化事業に対して助成・支援を行います。
 掲載日 2016/04/27
 
 タイトル ●2016年度社会福祉事業 在宅で高齢者を介護する家族の交流および研修資金助成 「研修会資金助成」募集 (LINK)
  公益財団法人損保ジャパン日本興亜福祉財団
 締切 6月15日
 コメント 公益財団法人損保ジャパン日本興亜福祉財団では、在宅で高齢者を介護する家族等の介護のレベルアップなどに寄与し豊かな高齢社会の発展の一助となることを目的に、認知症等の高齢者を在宅で介護する家族等を対象とした研修会(講習会・勉強会・介護教室・シンポジウム等を含む)に関わる開催費用の助成を実施します。この「研修会資金助成」は2016年度より新設する助成で、今回が第1回目となります。
 掲載日 2016/04/12
 
 タイトル ●Gakuvo Style Fund (LINK)
  Gakuvo(一般財団法人日本財団学生ボランティアセンター)
 締切 6月16日
 コメント 「世界をよくする」という大きな目的のもと、具体的な実施計画を持ち、実施する力を持つ団体を対象に、3種類のコースを設置し、ボランティアを行う学生の団体を支援。
 掲載日 2016/05/28
 
 タイトル ●平成28年度戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)「研究開発成果実装支援プログラム」(熊本地震関連含む) (LINK)
  国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)社会技術研究開発センター(RISTEX)
 締切 6月16日
 コメント 研究開発成果実装支援プログラムは研究開発成果を実証して人や社会の信頼性を得るための活動を一定期間支援することによって社会問題解決の短縮を図ることを目的としています。なお、このプログラムは研究・開発の段階を対象としておりませんので、応募時点で少なくとも研究・開発が終了段階に到達していることを確認してください。 今回の熊本地方を震源とする地震にあたり、被災地域に速やかにその研究成果を実装可能な提案も対象とします。
 掲載日 2016/04/28
 
 タイトル ●平成28年度戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)「安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築研究開発領域」 (LINK)
  国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)社会技術研究開発センター(RISTEX)
 締切 6月16日
 コメント 本領域においては、領域目標及び留意すべき観点の下に、以下の3つのアウトプットを目指した研究開発プロジェクトを推進します。ー匆颯轡好謄燹制度の創生と伝承 配慮が行き届き適切に介入・支援をする社会技術の創出 情報通信技術等の利活用による新たな支援機能の構築
 掲載日 2016/04/28
 
 タイトル ●エドワーズライフサイエンス基金 (LINK)
  エドワーズライフサイエンス株式会社
 締切 6月17日
 コメント 本基金の助成は、以下のカテゴリーに関連する事業を対象とします:Every Heartbeat Mattersプログラム ― 心臓弁膜症が世界的に与える負担を緩和するため、治療機会を十分に得られていない人々に対し、疾患教育・スクリーニング検査・治療の支援を行うプログラムを支援します。 △修梁召侶鮃関連プログラム ― ヘルスケアの発展に貢献し、治療機会を十分に得られていない人々のためのプログラムを支援します。具体的には、教育、啓発キャンペーン、研究、未治療の患者さんへの直接的なケア、などが含まれます。コミュニティプログラム― 当社の従業員が働き生活する地域を活性化する事業で、かつボランティア活動の機会を従業員に提供できる事業を支援します。
 掲載日 2016/05/28
 
 タイトル ●トヨタ環境活動助成プログラム2016年度 (LINK)
  トヨタ自動車株式会社
 締切 6月17日
 コメント 本プログラムは、民間非営利団体( 学校は対象外) ・グループ等が実施する実践型プロジェクトを助成します。助成対象テーマは「生物多様性」、「地球温暖化」を継続し、国内団体または国内・海外団体の協働による「海外プロジェクト支援」と、国内団体による「国内プロジェクト支援」、「国内小規模プロジェクト支援」を募集いたします。
 掲載日 2016/05/07
 
 タイトル ●ファイザープログラム 〜心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援 第16回 新規助成公募 (LINK)
  ファイザー株式会社
 締切 6月17日
 コメント 助成の対象となるプロジェクトは、中堅世代の人々(主に30・40・50歳代)の心とからだのヘルスケアに関する課題に取り組む市民活動および市民研究とします。具体的には、子育て・仕事・家族介護など社会において様々な役割を担っている中堅世代の人々や、疾病・障がい・貧困・差別などにより社会参加に困難を抱える中堅世代の人々が、生き生きと充実した社会生活を実現するための取り組みで、以下の点を重視します。 崚事者性」「専門性」「市民性」を尊重した取り組み  既存の公的制度や施策では実現することが難しい取り組み 就労を始めとする社会参加を目指した取り組み
 掲載日 2016/04/26
 
 タイトル ●平成28年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(地域循環圏・エコタウン低炭素化促進事業)の公募 (LINK)
  公益財団法人廃棄物・3R研究財団
 締切 6月20日
 コメント 公益財団法人廃棄物・3R研究財団(以下「財団」という。)では、環境省から平成28年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(低炭素型廃棄物処理支援事業)の交付決定を受け、交付を受けた補助金を財源として、地域循環圏の形成に取り組む自治体・民間団体や、エコタウン等において3R事業に取り組む自治体・民間団体を対象に、地域資源の循環利用及び低炭素化に資するモデル的な取組を進めるための実現可能性調査(F/S)及び同調査を踏まえた事業化計画策定に要する経費に対して、当該経費のうち自治体においては定額(上限1,500万円)、民間団体にあっては1/2(上限1,500万円)を上限に補助する事業を実施しますので、以下のとおり補助対象事業を公募します。
 掲載日 2016/05/28
 
 タイトル ●岩沼市市民活動助成金 第2期募集 (LINK)
  岩沼市
 締切 6月24日
 コメント 岩沼市内に設立されている町内会及び市民活動団体が主体的に行う市民活動等のうち、市民主体による特色ある地域づくりや公益的な市民活動を推進・支援するため、助成金を交付しています。
 掲載日 2016/05/29
 
 タイトル ●「平成28年度(第1回)サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)」の提案募集 (LINK)
  国土交通省
 締切 6月24日
 コメント 本事業では、省エネ・省CO2による低炭素化、健康、災害時の事業継続性、少子化対策等に係る先導的な技術の普及啓発に寄与する住宅・建築物のリーディングプロジェクトを公募によって募り、予算の範囲内において整備費等の一部を補助し支援します。 *平成28年度は例年通り2回公募を予定しています。
 掲載日 2016/05/28
 
 タイトル ●「平成28年度(第1回) 既存建築物省エネ化推進事業(建築物の改修工事)」の提案募集 (LINK)
  国土交通省
 締切 6月29日
 コメント 本事業は、建築物ストックの省エネルギー改修等を促進するため、民間事業者等が行う省エネ改修工事・バリアフリー改修工事に対し、国が事業の実施に要する費用の一部について支援することにより、既存建築物ストックの省エネ化の推進及び関連投資の活性化を図るものです。*平成28年度は例年通り2回公募を予定しております(第2回目は9月頃募集の予定)。
 掲載日 2016/05/28
 
 タイトル ●平成28年度「公益信託 農林中金森林再生基金(農中森力(もりぢから)基金)」助成事業 (LINK)
  農林中央金庫
 締切 6月30日
 コメント 本基金では,森林施業の今日的課題の一つである「施業集約化」や「搬出間伐等」の取組みを更に加速化させるため,荒廃林の再生事業の中でも,特に,地域の模範になり,高い波及効果が見込まれる事業や,先進性のある事業に,重点的に助成を実施し,地域の中核を担う林業事業体(非営利の法人)の事業実施態勢の整備をサポートいたします。
 掲載日 2016/05/25
 
 タイトル ●国際協力事業一般公募助成事業 (LINK)
  一般財団法人まちづくり地球市民財団
 締切 6月30日
 コメント 助成対象は国内の非営利組織で海外において国際協力活動を行う方です。助成対象事業は以下の通り。ー然災害関連事業: 開発途上国における地震、洪水、暴風及び豪雨等の自然災害による罹災者の復旧のための 物資又は資金の供与。教育施設関連事業: 開発途上国における、小学校、中学校等の義務教育を行う教育施設の設備拡充及び建設。生活環境向上関連事業: 開発途上国における住民の公衆衛生及び社会福祉等の生活環境の向上のための援助活動。た雄牋蘋関連事業: 開発途上国に対する援助活動を行うための人材育成及び派遣又は研修員を受け入れての技術研修。
 掲載日 2016/05/06
 
 タイトル ●NPO法人に対する特別助成事業 (LINK)
  社会福祉法人清水基金
 締切 6月30日
 コメント 助成対象は障害児・者福祉の増進を目的として運営されているNPO法人の諸事業。原則として設立後5年以上経過していること、現在都道府県または区市町村から2件以上の業務を受託していることなどの要件あり。助成内容は利用者のために必要な建物(新築、改修、増改築)・機器・車輌等 。
 掲載日 2016/05/03
 
 タイトル ●日本財団「平成28年熊本地震災害に関わる支援活動助成」 (LINK)
  公益財団法人日本財団
 締切 6月30日
 コメント 日本財団では、熊本地震災害における様々な支援活動を行う団体に対して、その活動資金の助成を行います。対象事業は「平成28年熊本地震」による被災者・被災地支援に関わる活動 主に以下の視点で審査を行います。“鏈匱圈θ鏈卉呂離法璽困亡陲鼎、緊急性を有するもの 被災地の復興に資するもの 3萋鮎況を広く社会に公開できるもの助成金の上限金額は、原則として1事業あたり100万円(補助率100%)。
 掲載日 2016/04/26
 
 タイトル ●平成28年度生命保険協会 子育てと仕事の両立支援に対する助成活動 (LINK)
  一般社団法人生命保険協会
 締切 6月30日
 コメント 待機児童の解消に向けた保育所または放課後児童クラブの受け皿拡大・質の向上、および、保育所利用者の多様なニーズに対応した保育対策等促進事業を推進するうえで必要な環境整備に対し助成します。
 掲載日 2016/04/26
 
 タイトル ●第36回緑の都市賞 (LINK)
  公益財団法人都市緑化機構
 締切 6月30日
 コメント 緑の市民協働部門:応募対象は主に市民団体。ボランティアを基本とした緑化活動で、地域の社会や環境へ貢献するものとします。
 掲載日 2016/04/22
 
 タイトル ●第27回緑の環境プラン大賞 (LINK)
  公益財団法人都市緑化機構/第一生命保険株式会社/一般財団法人第一生命財団
 締切 6月30日
 コメント 以下2部門で募集。.轡鵐椒襦Εーデン部門:地域のシンボル的な緑地として人と自然が共生する都市環境の形成、地域の活性化に寄与するプランを募集します。日常的な花や緑の活動を通して、地域の活性化や子供たちへの情操教育、身近な環境の改善に寄与するプランを募集します。
 掲載日 2016/04/22
 
 タイトル ●ボランティアグループ等が行う事業への助成/高齢者保健・医療、生活習慣病または高齢者福祉に関する研究・調査への助成 (LINK)
  公益財団法人太陽生命厚生財団
 締切 6月30日
 コメント 平成28年度も、財団設立の趣旨・目的である社会福祉の向上に寄与するために、生活福祉分野で地域に根ざし、地道な活動を行なっているボランティアグループ等が実施する事業への助成を継続して実施すると共に、高齢者福祉に関する研究・調査への助成活動を実施したいと考えます。
 掲載日 2016/04/21
 
 タイトル ●第47回博報賞 (LINK)
  公益財団法人博報児童教育振興会
 締切 6月30日
 コメント 児童・生徒に対する日頃の教育現場で尽力されている、学校・団体・教育実践者を顕彰することを通して、児童教育の現場を活性化させることを目的としています。対象部門は以下の通り。詳細は、推薦要項を参照してください。々餮譟ζ本語教育部門特別支援教育部門F本文化理解教育部門す餾殃顕粛解教育部門ザ軌薐萓化部門 
 掲載日 2016/04/21
 
 タイトル ●文化財保護活動への助成 (LINK)
  公益財団法人朝日新聞文化財団
 締切 6月30日
 コメント 指定文化財を中心とする人類共有の文化遺産を、将来の世代に継承していくために実施します。助成対象の基準は以下の通り。国、又は都道府県、市町村の指定文化財並びに歴史遺産、及びそれに準じる芸術・学術的に価値のある文化財並びに歴史遺産。修復等の事業が完了した後には、広く一般に公開することを原則とします。※自然物や自然景観は指定文化財であっても助成対象としていません。
 掲載日 2016/04/20
 
 タイトル ●地域支え合い活動助成プログラム (LINK)
  明治安田生命保険相互会社/一般社団法人全国老人給食協力会
 締切 6月30日
 コメント 高齢者が安心感をもって地域で自分らしく暮らし続けるしくみづくりを後押しするため、高齢者福祉の観点で市民が主体となって地域で展開している地域福祉活動を対象に、活動環境の整備や新しい取り組みの創出を支援します。助成内容は以下の通り。ヽ萋偉ち上げ資金の助成 備品購入資金の助成
 掲載日 2016/04/20
 
 タイトル ●平成28年度子ども文庫助成 (LINK)
  公益財団法人伊藤忠記念財団
 締切 6月30日
 コメント 国内外の「家庭文庫」「地域文庫」はもとより、「実演グループ」(読み聞かせ、人形劇、パネルシアターなど)の『子どもの読書啓発活動』や、小児病棟の長期入院児童、院内学級、障害児施設、児童養護施設などの『読書支援活動』等を対象としています。なお、子ども文庫助成事業は4つのプログラムを展開していますが、重複したご応募はできません。〇劼匹發遼楾愼費助成(助成金 30 万円)病院・施設子ども読書支援 購入費助成(助成金 30 万円)子どもの本100 冊助成(当財団が選んだ学年別児童図書セット)せ劼匹睚幻妨労賞(賞金、賞品)
 掲載日 2016/04/20
 
 タイトル ●東日本大震災現地NPO応援基金[特定助成] 『しんきんの絆』復興応援プロジェクト 第4回助成(一般公募枠) (LINK)
  認定特定非営利活動法人日本NPOセンター
 締切 7月6日
 コメント 助成対象となる事業は、岩手県・宮城県・福島県のいずれかの県において「地域の絆」をつなぐ民間非営利組織が行う、草の根活動で、特に以下の視点をもって取り組まれる事業や活動です。‘常生活の再建:被災住民の日常生活を支える活動をはじめ、住民主体の生活再建への取り組みを支援する事業や活動等 地域コミュニティ・文化の再生:仮設住宅(借上げ住宅を含む)や復興公営住宅でのコミュニティづくりや、住民間の交流イベントなど、被災地における地域コミュニティの再生・活性化を支援する事業や活動等、被災地における伝統芸能や祝祭、町並みの保全活動などの文化活動の再生・復興を支援する事業等
 掲載日 2016/05/25
 
 タイトル ●平成28年熊本地震災害による被災者・被災地緊急救援活動 (LINK)
  yahoo!基金
 締切 7月10日
 コメント 2016年4月14日以降の緊急救援活動を対象に、応募日時点で既に活動を終了しているものも対象。助成中の期間延長応募を受付。助成不通過後の再応募受付。1団体あたりの助成金額上限:50万円。助成総額:2,000万円まで採択。※助成総額に達し次第、本プログラムは終了。助成は、隔週毎に応募を締め切り、審査〜助成決定。【第1回】応募受付:5/2〜5/15,助成金振込予定:5/27【第2回】応募受付:5/16〜5/29,助成金振込予定:6/10【第3回】応募受付:5/30〜6/12,助成金振込予定:6/24【第4回】応募受付:6/13〜6/26,助成金振込予定:7/8【第5回】応募受付:6/27〜7/10,助成金振込予定:7/22
 掲載日 2016/05/03
 
 タイトル ●平成28年度あしたのまち・くらしづくり活動賞 (LINK)
  公益財団法人あしたの日本を創る協会
 締切 7月11日
 コメント 地域が直面するさまざまな課題を自らの手で解決して、住み良い地域社会の創造をめざし、独自の発想により全国各地で活動に取り組んでいる地域活動団体・企業等の活動の経験や知恵などのストーリーをレポートとしてぜひお寄せください。震災復興のまちづくりや震災復興支援の活動もご応募ください。
 掲載日 2016/05/06
 
 タイトル ●問題解決型サービス科学研究開発プログラム「未来を共創するサービス研究開発」の可能性調査 (LINK)
  国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)社会技術研究開発センター(RISTEX)
 締切 7月13日
 コメント 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)社会技術研究開発センターでは、問題解決型サービス科学研究開発プログラムの一環として、平成28 年度「未来を共創するサービス研究開発」の可能性調査(Feasibility Study,FS)を実施いたします。詳細は募集要領をご参照ください。
 掲載日 2016/05/10
 
 タイトル ●公益信託大成建設自然・歴史環境基金【2016年度助成金募集】 (LINK)
  大成建設株式会社
 締切 7月29日
 コメント これからの地球社会の健全で持続的な発展のためには、自然環境の保全や再生、歴史的建造物等の歴史的・文化的な環境の保存や活用が必要とされています。本基金は、“人がいきいきとする環境を創造する”という大成建設グループの理念を踏まえ、こうした活動や研究を応援することを目的に設立されました。助成対象:国内ならびに開発途上国の自然・歴史環境の保全活用にかかわる活動や研究
 掲載日 2016/05/10
 
 タイトル ●Panasonic NPOサポートファンド2016年募集 (LINK)
  パナソニック株式会社
 締切 7月29日
 コメント 環境や子どもたちの育成をテーマに活動するNPO/NGOに対して、第三者の多様で客観的な視点を取り入れた組織基盤強化の一連の取り組みを最長3年まで応援します。リンク先URLでの2016年度応募要項および応募用紙のダウンロードは、4月15日(金)からとなります。
 掲載日 2016/03/26
 
 タイトル ●平成28年度「未来の東北博覧会記念国際交流基金助成金」 (LINK)
  公益財団法人未来の東北博覧会記念国際交流基金
 締切 7月1日〜8月10日(10月1日〜12月31日までの間に開始する事業)
 コメント 公益財団法人未来の東北博覧会記念国際交流基金は、昭和62年7月から9月まで開催された「未来の東北博覧会」を記念して創設され、民間の国際交流団体などが行う国際交流・協力事業に対する助成を行っています。
 掲載日 2015/12/22
 
 タイトル ●パタゴニア環境助成金プログラム(第2回) (LINK)
  パタゴニア
 締切 8月31日
 コメント パタゴニアは、具体的な環境保護活動にのみ助成を行います。(年3回申請の締め切りを設けています。)私たちが支援するグループは、問題の根本的な原因を見極め、働きかけ、そして長期的な視点で問題解決のアプローチを行なっているグループです。真の問題解決は力強い草の根活動を通じてのみ実現しうると信じており、私たちの助成金は市民のサポートによる強い基盤を創りだしているグループにフォーカスしています。
 掲載日 2016/05/06
 
 タイトル ●「日本山岳遺産」候補地申請 (LINK)
  日本山岳遺産基金
 締切 8月31日
 コメント 「日本山岳遺産」とは、次世代に伝えたい豊かな自然環境や、人と自然の関わりを有し、それらを守り、活用するような地元の活動が盛んな山や山岳エリアを、日本山岳遺産基金が認定するものです。認定方法:年に一度、公募し、申請のあった山・山岳エリアと団体に関し、諮問機関であるアドバイザリーボードの意見を参考に、日本山岳遺産基金事務局が審査し認定。対象団体:特定の山もしくは山岳エリアにおいて、次世代育成活動、山岳環境保護活動、安全登山啓発活動などの目的に沿った活動を3年以上行っている団体。
 掲載日 2016/04/22
 
 タイトル ●平成29年度 NFD one leaf fund (LINK)
  公益社団法人日本フラワーデザイナー協会
 締切 8月31日
 コメント 以下の3部門で募集。/∧保護活動:日本古来の植物種、地域固有種、絶滅危惧種等の保護・増殖等に関する公益的な活動 ⊆然保護・環境保全の調査・研究:日本の希少植物種の保護や自然景観・環境保全への貢献が期待できる調査・研究活動 2屬篆∧を通じた環境福祉活動:日本の自然環境や社会環境の改善を目的とし、花や植物を通じて福祉への貢献が期待できる活動
 掲載日 2016/04/22
 
 タイトル ●平成28年度「未来の東北博覧会記念国際交流基金助成金」 (LINK)
  公益財団法人未来の東北博覧会記念国際交流基金
 締切 10月1日〜11月10日まで(1月1日〜3月31日までの間に開始する事業)
 コメント 公益財団法人未来の東北博覧会記念国際交流基金は、昭和62年7月から9月まで開催された「未来の東北博覧会」を記念して創設され、民間の国際交流団体などが行う国際交流・協力事業に対する助成を行っています。
 掲載日 2015/12/22
 
 タイトル ●福祉住宅建築支援 (LINK)
  公益財団法人ノーマライゼーション住宅財団
 締切 11月30日
 コメント 高齢者や障がい者が安全で快適に暮らせる住宅、また将来身体機能が低下しても安心して生活できる住宅として新築したりリフォームした建築主、およびグループホームや高齢者向けアパートなどの福祉小規模集合住宅の建築主から応募を受け、審査のうえ今後の参考に資する施工物件に対して助成金(5〜30万円)を給付しております。
 掲載日 2016/04/22
 
 タイトル ●平成28年度青葉区被災者交流活動助成事業
  青葉区
 締切 平成28年4月1日〜平成29年1月31日
 コメント 東日本大震災の被災者コミュニティの形成に向けた取り組みに助成を行います。助成事業についてのご相談・お問い合わせは、青葉区まちづくり推進課地域活動係まで。022-225-7211(内線6137)
 掲載日 2016/04/14
 
 タイトル ●平成28年度サービス付き高齢者向け住宅整備事業 (LINK)
  国土交通省
 締切 2月3日
 コメント バリアフリー構造等を有し、介護・医療と連携して、高齢者を支援するサービスを提供する「サービス付き高齢者向け住宅」として登録される住宅の整備事業を公募し、予算の範囲内において、国が事業の実施に要する費用の一部を補助し支援します。
 掲載日 2016/05/07
 
 タイトル ●平成28年度社会福祉助成金 (LINK)
  公益財団法人みずほ福祉助成財団
 締切 助成対象は、社会福祉法人、特定非営利活動法人等の非営利法人及び任意団体等又は研究グループ(5人以上で構成)とし、営利法人と個人は除きます。助成対象事業は、障害児者に関する事業及び研究で、先駆的・開拓的な事業及び研究を優先します。
 コメント 2016/06/30
 掲載日 2016/05/25
 
 タイトル ●平成28年度スマートウェルネス拠点整備事業 (LINK)
  国土交通省
 締切 終了時期未定( 5/10時点)
 コメント 地方公共団体と連携し、当該住宅団地等の管理者等によりスマートウェルネス計画、生涯活躍のまち形成事業計画が定められていることや、一定規模の住宅団地等であることを要件とした拠点施設の整備事業に対して、予算の範囲内において、国が事業の実施に要する費用の一部を補助し支援するものです。※募集期間の終了時期については、別途国土交通省ホームページ及び問い合わせ先(TEL:03-6268-9028 スマートウェルネス住宅等事業推進室)においてお知らせします。
 掲載日 2016/05/10

常設

 
 タイトル ●LUSHチャリティバンク (LINK)
  株式会社ラッシュジャパン
 締切 2ヶ月に1度、偶数月の月末
 コメント ラッシュは、小規模で様々な社会課題に対して直接的に活動している草の根団体を支援しています。助成対象団体は以下の通り。ヽ萋案睛討下記分野にあてはまる団体:自然環境の保護活動/動物の権利擁護活動/人権擁護・人道支援活動/東日本大震災復興支援活動 ⊂規模で草の根活動を行っている団体 (団体の年間予算3,500万円以下が目安だが活動内容を重視。) B召僚成財団からの助成金や寄付が集まりにくい団体 ぜ匆颪鬚茲衫匹い發里慂儚廚垢襪燭瓠¬簑蠅虜本を見極め、その解決に取り組む努力をしている団体 デ筏攜果があるプロジェクトを行っている団体
 掲載日 2016/03/12
 
 タイトル ●団体向け支援事業(児童養護関連事業) (LINK)
  公益財団法人楽天未来のつばさ
 締切 随時
 コメント 今日の厳しい社会経済状況においては、社会的養護のもとで育った子どもが、次代を担う一員として自立していくためには、家庭で育った子どもと同じスタートラインに立って自立していけるように支援していくことが必要です。また、社会的養護を必要とする子どもを減らし、本来的な家庭の温かさを感じ、より豊かな夢のある子ども達の未来を実現することも大切です。楽天 未来のつばさでは、これらの主旨に沿った活動を実施する団体に対し、助成を行います。
 掲載日 2016/01/09
 
 タイトル ●助成事業 (LINK)
  公益財団法人信頼資本財団
 締切 随時
 コメント 助成対象は、NPOや市民活動団体等「非営利団体」とし、法人格の有無は問わず。助成対象事業の領域は、農林水産畜産業、環境、福祉、医療、教育、人権など「信頼」関係の向上と増大につながる事業。助成決定後1年間(もしくは1年以内の指定日までの間)、各団体と当財団がともに寄付を募集し、当財団の運営費を除いた金額を銀行振込により助成金を交付。
 掲載日 2016/01/08
 
 タイトル 地域支え合いボランティア団体活動支援事業 (LINK)
  仙台市
 締切 随時募集 ※募集団体数に達するまでとします。
 コメント 高齢者の地域での孤立化を防止し、地域の中で安心して暮らし続けられるよう、団体自らが主催・運営する、具体的な高齢者の日常生活支援活動を通して、地域の中で見守り、支える活動を対象としています。また、事業の実施にあたっては、利用者から活動に対する対価は求めないこととします。(実費徴収は可とします)
 掲載日 2015/10/20
 
 タイトル ●Yahoo!基金助成プログラム2015 復興支援助成部門(通年受付) (LINK)
  Yahoo!基金
 締切 通年
 コメント 災者を救援、支援していくためのプロジェクトです。隔月毎に応募を区切り審査をおこないます。1団体あたりの助成金額上限は50万円。※助成総額に達し次第、本プログラムは終了いたします。
 掲載日 2015/10/03
 
 タイトル ●平成28年度 補助方針(非常災害の援護、緊急的な対応を必要とする事業) (LINK)
  公益財団法人JKA
 締切 平成28年度内において随時受付
 コメント 自転車競技法に基づく競輪振興法人、小型自動車競走法に基づくオートレース振興法人として、競輪・オートレースの収益を広く社会に還元し、社会貢献を果たすため、地方自治体が施行する競輪・オートレースの売上げの一部により、機械工業振興と公益事業振興に対する補助を行います。公益事業振興補助事業のうち、「非常災害の援護、緊急的な対応を必要とする事業」への支援は平成28年度内において随時受付けております。(ただし、平成28年度内に着手する必要があります。)
 掲載日 2015/08/05
 
 タイトル ●大竹財団助成金 (LINK)
  一般財団法人大竹財団
 締切 
 コメント 社会問題解決に取り組む個人、NGO、NPOに助成金を給付しています。優先分野は平和、環境/資源エネルギー、人口/社会保障、国際協力です。
 掲載日 2015/04/15
 
 タイトル ●H27年施設整備等助成事 (LINK)
  公益財団法人中央競馬馬主社会福祉財団
 締切 月末までに届いたプロジェクトについて翌月に審査
 コメント 社会福祉法人、特定非営利活動(NPO)法人等が運営する社会福祉施設等に対する施設整備等の助成事業を行います。
 掲載日 2015/04/04
 
 タイトル ●【融資】NPO活動支援融資制度〜みやぎNPOサポートローン〜 (LINK)
  宮城県、東北労働金庫
 締切 
 コメント NPO活動の資金支援をするため、金融機関との提携によりNPO法人向けの融資制度を創設し、低利、無担保による資金貸付を行うことで、県内NPOの自立的・継続的活動の一層の促進を図ります。
 掲載日 2014/12/05
 
 タイトル ●三澤了基金 (LINK)
  NPO法人DPI日本会議
 締切 随時
 コメント 「やりたいこと」はあるけれど、資金調達が難しく実行できない若手障害当事者を応援して、活動資金の提供や資金調達のお手伝いをします。対象は個人・団体・グループなど。申請受付は随時。みんなで基金を活用しましょう。
 掲載日 2014/11/26
 
 タイトル ●平成27年度 砂防ボランティア基金 (LINK)
  一般財団法人砂防フロンティア整備推進機構
 締切 災害時緊急活動に対する助成事業に関しては随時受付
 コメント ボランティア精神に基づく「自発的」「無償的」「公共的」 活動を通じ、土砂災害防止に貢献する団体・個人に対し、助成を行います。
 掲載日 2013/11/29
 
 タイトル ●平成27年度 地域づくり団体等活動支援事業 (LINK)
  地域づくり団体全国協議会
 締切 常時受付(最終締切は12/31)
 コメント 詳細はリンク先の募集要項をご覧下さい。
 掲載日 2013/04/25
 
 タイトル ●2015年度 暴力団排除事業に関する助成 (LINK)
  公益財団法人 日工組社会安全財団
 締切 年度内常時受付
 コメント 地域住民が自分たちの街から暴力団事務所をなくすための暴排活動事業及び暴排訴訟事業に対して助成金を交付します。
 掲載日 2013/04/23
 
 タイトル ●スポーツ活動助成 (LINK)
  公益財団法人 仙台市スポーツ振興事業団
 締切 常設
 コメント 全国規模以上のスポーツ大会を開催する団体や、全国規模以上の大会に出場する選手又は団体などに助成します。
 掲載日 2013/02/13
 
 タイトル ●社会的弱者、障害児(者)の医療、自立、福祉向上を目的としたボランティア活動に対する助成金(特別募集) (LINK)
  一般財団法人 日本メイスン財団
 締切 常設
 コメント 児童を対象とする直接的支援プロジェクトを重視し、ボランティア活動費、施設の改善、備品購入資金等を助成します。
 掲載日 2012/11/22
 
 タイトル ●アウトドア自然保護基金プログラム (LINK)
  コンベーション・アライアンス・ジャパン
 締切 随時受付(締切は5/15、8/15、11/15、2/15)
 コメント アウトドアビジネスで得た利益を、自然保護に還元します
 掲載日 2012/03/14
 
 タイトル ●日本NGO連携無償資金協力 (LINK)
  外務省 国際協力局民間援助連携室
 締切 常時受付
 コメント 詳細はリンク先の要項をご確認ください。
 掲載日 2012/01/07
 
 タイトル ●障害者市民防災活動に対する助成 (LINK)
  NPO法人ゆめ風基金
 締切 随時(事業実施前3ヶ月以前までに申請、単年度(1月〜12月)で助成額が100万円に達した時点で締切)
 コメント 大規模な自然災害が起きたときに、少しでも障害者市民が受ける被害を小さくするため、各地で取り組まれる障害者市民防災・減災活動に助成を行います。助成は1事業につき、1回10万円を限度とします。
 掲載日 2011/12/20
 
 タイトル ●TechSoup Japan ソフトウェア寄贈プログラム (LINK)
  認定NPO法人日本NPOセンター
 締切 随時
 コメント アドビシステムズ、シマンテック、マイクロソフトからのソフトウェア寄贈をオンラインで仲介します。
 掲載日 2009/06/30
 
 タイトル ●LUSHチャリティバンク (東日本大震災復興支援) (LINK)
  株式会社ラッシュジャパン
 締切 毎月月末(消印有効)
 コメント 東日本大震災の被災者支援および被災地復興支援活動の実績がある団体への助成を行っています。
 掲載日 2011/12/20
 
 タイトル ●リユースPC寄贈プログラム (LINK)
  認定NPO法人イーパーツ
 締切 第80回 6/17〜7/17締切
 コメント 詳細はリンク先の要項をご確認ください。
 掲載日 2007/06/19

▲ページトップへ