タイトルシンポジウム
多様な視点で「防災・減災」に取り組むために
〜支援のカタチを考える〜
(締切:9/11)
団体名NPO法人イコールネット仙台
開催日 9月17日
震災から6年が経過し、震災の風化が危惧される中、改めて私たちの経験とそこから学んだ教訓を伝えていく必要があります。特に、障害者・外国人・高齢者など、多様な人々の被災時の経験は、その支援のあり方も含め、被災地の共通のテーマとして今後につないでいく必要があります。そこで、多様な視点で災害時の支援活動に取り組む方々とともに「支援のカタチ」を考えます。

●日  時:
9月17日(日) 13:30〜16:00

●場  所:
エル・パーク仙台 セミナーホール
141ビル(仙台三越定禅寺通り館) 5階

●講  師:
<パネリスト>
阿部一彦氏(社会福祉法人仙台市障害者福祉協会会長:障害者支援の立場から)
内田有美氏(性と人権ネットワーク ESTO スタッフ:性的マイノリティ支援の立場から)
鉢呂智子氏(仙台白百合学園高等学校SGH運営委員会委員長:外国人支援の立場から)

<コーディネーター>
宗片恵美子(NPO法人イコールネット仙台代表理事)

●定  員:
80名

●参 加 費:
500円

●申込方法:
下記連絡先にTEL、FAX、E-mailで申込み。

●申込締切:
9月11日(月)

●主  催:
NPO法人イコールネット仙台

●連 絡 先:
TEL:090-1398-5065(佐藤)
FAX:022-271-8226
E-mail:emuna@ve.cat-v.ne.jp
URL:https://equal-net.jimdo.com/
情報掲載日 2017/07/20

▲ページトップへ