タイトルふゆみずたんぼで稲刈り&ほんにょづくり体験!
団体名認定NPO法人杜の伝言板ゆるる、NPO法人田んぼ
開催日 10月15日
冬の間も田んぼに水を張ったままにしておく「ふゆみずたんぼ」を知っていますか?
昔ながらの「ふゆみずたんぼ」には、かつて私たちの身の回りに当たり前のように存在していた生きものたち(トンボ、カマキリ、イナゴ、カエルなど)が今でもバランスよく、しかもたくさんすんでいます。
機械も農薬もできるだけ使わない伝統農法を体験しながら、田んぼにすんでいる生きものたちを探してみませんか?今回は、稲を手で刈る体験と、刈り取った稲で穂仁王(ほんにょ)を組む体験を行います。
そして、「ふゆみずたんぼ」で採れた美味しいお米を味わいながら、私たち人間と田んぼの生きものたちがともに暮らしやすい生き方を、一緒に考えてみましょう!

※穂仁王…稲を干すための伝統的な手法で、藁を束ねて重ねたその姿が仁王に似ていることからその名前で呼ばれています。天日で乾燥した稲は特においしく、穂仁王はイナゴやカマキリの棲家としても役立っています。

●日  時:
10月15日(日) 8:00〜16:00

●場  所:
ふゆみずたんぼ実験田
(大崎市田尻大貫)

●集合場所:
JR仙台駅東口 ペデストリアンデッキ
※集合場所から開催場所までは貸切バスで移動します

●定  員:
先着35名

●対  象:
仙台市近郊にお住まいの小学生(幼稚園年長児含む)とその保護者
※集合場所に集まれるのであれば、遠方の方のご参加も可

●持 ち 物:
軍手、着替え、帽子、長靴、サンダル、タオル、水筒など

●参 加 費:
無料
※ただし昼食を現地で購入していただきます 一人500円

●申込締切:10月10日(火)

●申込方法:
申込用紙をダウンロードし、必要事項ご記入の上、下記連絡先までFAX・Eメールでご送付ください。お電話でも受付いたします。
※参加者を対象とした傷害保険に加入する関係上、全ての参加者の氏名・住所・電話番号・年齢・性別をご記入ください。
 申込書は下記連絡先のURLリンク先からダウンロードできます。

●主  催:
認定NPO法人杜の伝言板ゆるる、NPO法人田んぼ

●連 絡 先:
TEL:022-791-9323
FAX:022-791-9327
E-mail:npo@yururu.com
URL:http://www.yururu.com/?p=2513
情報掲載日 2017/09/06

▲ページトップへ