タイトルパソコンボランティア養成講座
団体名一般財団法人宮城県肢体不自由児協会
開催日 2月17日(土)、2月24日(土)、3月3日(土)、3月11日(日)
〜主に、重度肢体不自由、視覚障がいがある方への、パソコン操作・学習支援〜
障がい者福祉に理解と熱意があり、文章作成、Web検索、メール等日常的にパソコンを利活用するなど情報通信技術について一定の知識・技能がある方(18歳以上)が受講対象者です。
神経難病等による肢体不自由児・者、視覚障がい者等の障がいがある方々のパソコン機器等の使用に関する支援に必要な技術、知識、価値を学ぶ4日間の講座(他に、必要に応じて実地研修)を行うことにより、パソコンボランティアを養成します。

●日  時:
2月17日(土)、2月24日(土)、3月3日(土)、3月11日(日)
9:30〜17:30(予定:90分×16講義)

●場  所:
2/24(土)、3月3日(土) 東北福祉大学(仙台市青葉区国見1)※駐車不可
2月17日(土)、3月11日(日) 宮城県障害者福祉センター(仙台市宮城野区幸町4-6-2)

●講  師:
講師所属団体:みやぎ障害者ITサポートセンター、せんだいアビリティネットワーク(仙台市重度障害者コミュニケーション支援センター)、楽暮プロジェクト、多賀城市相談支援事業所けやき、東北福祉大学、宮城県肢体不自由児協会

●内  容:
人権尊重・権利擁護など障がい者支援に関わる価値観の育成並びに以下の内容について座学あるいは演習形式で学びます。

2月17日(土)・講義:社会福祉概論、肢体不自由について
     ・講義・演習:AT・AACによる重度重複障がい児者のコミュニケーション支援の実践と演習
2月24日(土)・講義:障害者福祉概論、ソーシャルワーク概論
     ・講義・演習:肢体不自由児者支援機器、コンピューターの簡単操作、意思伝達装置等
3月3日(土)・演習:視覚障害者支援ソフト
     ・講義・演習:肢体不自由児者支援ソフト等iPad操作等
     ・講義:ディスレクシアに向けたマルチメディアDAISY紹介
3月11日(日)・講義・演習:自己覚知とコミュニケーション、ミスポジション等
     ・パソコンボランティア活動に必要な知識、活動の実際、まとめ、簡単テスト

●対  象:
パソコン通信、Web、ワープロソフト等を日常的に利活用するなど情報通信技術に一定の知識・技術を有する方(18歳以上)

●定  員:
各日10名(但し、全日程受講希望者を優先します)

●参 加 費:
テキスト代:(1日250円)

●そ の 他:
・8割以上の受講と確認テストを修了された方には、宮城県知事の修了証が交付されます。
・一部の講義のみの受講を希望される方はご相談ください。

●申込方法:
下記連絡先にTELにて受付(確認)をお願い致します。

●主  催:
一般財団法人宮城県肢体不自由児協会

●連 絡 先:
TEL:022-293-2902
受付時間(火〜金10:00〜16:00)
※その他の時間帯は留守番電話対応となります。
情報掲載日 2017/12/28

▲ページトップへ