タイトル仙台弁護士会 第48回憲法連続市民講座
危機に陥る日本の表現の自由 ―世界はどう見ているか―
団体名仙台弁護士会
開催日 5月27日
2013年秘密保護法、17年共謀罪(テロ等準備罪)、18年財務省の公文書改ざん・防衛省の自衛隊日報隠ぺい問題など、日本の表現の自由・知る権利が挟められています。これらを国連や国際社会はどのように見ているのでしょうか。
講師の藤田早苗さんは、国際人権法の研究者。秘密保護法案や共謀罪(テロ等準備罪)法案を英訳して国連に情報提供し、国連人権理事会特別報告者からの声明・書簡を引き出し、2016年のデビット・ケイ氏(表現の自由に関する特別報告者)の日本調査訪問の実現にも尽力されました。
藤田早苗さんに、国際的視野で日本の現状の問題についてお話しいただきます。

●日  時:
5月27日(日) 15:00〜17:00(14:30開場)

●場  所:
仙台弁護士会館 4階大ホール
(仙台市青葉区一番町2-9-18)

●講  師:
藤田早苗氏(エセックス大学ロースクール/人権センター フェロー 国際人権法)

●参 加 費:
無料

●申込方法:
申込不要

●主  催:
仙台弁護士会

●連 絡 先:
TEL:022-223-1001
情報掲載日 2018/05/05

▲ページトップへ