タイトル【岩手県で開催】東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)
第2回現地会in東北 「全国を巻き込む、担い手をはぐくむ」
団体名NPO法人いわて連携復興センター、東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)
開催日 7月20日
被災地・被災者を支援している民間団体等の連携を促し、支援活動を続けるうえで抱える問題や課題を共に考える場「現地会議」をこれまで被災3県にて定期的に開催しています。
今年度初の現地会議である「in東北」として開催する本会は「全国を巻き込む、担い手をはぐくむ」をテーマに、基調講演、事例報告、グループワークを通じて、地域で活動している中での「課題」と「解決策」、そのために必要な「担い手」や「関わり方」について整理・可視化します。
多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます。

●日  時:
7月20日(金) 13:30〜17:00(予定)
※開場13:00

●場  所:
陸前高田市コミュニティホール 大会議室
(岩手県陸前高田市高田町字栃ヶ沢210番地3)
http://www.city.rikuzentakata.iwate.jp/kategorie/fukkou/community/hall/hall.html

●内容(予定):
ヾ霙換岷蕁屐愆悗錣衒を提案していく』ということ」
 岡本翔馬氏(認定NPO法人桜ライン311代表理事)
 桜ライン311が考える「担い手」とは何か?
 多様な資源を巻き込む為に提案している「関わり方」とは?
 桜ライン311の取り組み事例から学びます。

∋例報告「私が東北から伝えたい『担い手と関わり方』」
 活動している中での「課題」と、想定している「解決策」、そしてそのために必要な「担い手」とは何か、地域外へ提案したい(している)「自組織との関わり方」について、6団体の事例を聞きながら考えます。
 [登壇者]
 〇岩手県
  鈴木悠太氏(NPO法人クチェカ事務局長)
 〇宮城県
  小野寺真希氏(合同会社moyaiコミュニティーデザイナー/気仙沼まち大学運営協議会地域おこし協力隊)
 〇福島県
  青木淑子氏(NPO法人富岡町3.11を語る会代表)
  ※岩手、宮城、福島から2名ずつ、6団体が登壇予定です。登壇者は順次発表していきます。

グループワーク「全国を巻き込む、担い手をはぐくむ」
 必要としている「担い手」を具体化し、地域外からの「関わり方」をどこ(誰)に向けて、どのように提案していくかを、参加者参加型で整理・可視化します。この場だけのものにせず、全国へ発信・提案していくためのステップとなることを目指します。

●対  象:
・東北復興に取り組む方々。
・担い手について課題感を持っている方々。
・地域外とのつながりについて考えている方々。

●そ の 他:
・当日は、マスコミ等の取材があります。
・富士ゼロックス株式会社復興推進室様のご協力により、動画配信を予定しています。
 ※ご来場いただけない遠方の方々も、ぜひ動画閲覧でご参加ください。
 ※会場の回線状況により音声のみの配信となる場合があります。ご了承ください。

●申込方法:
JCNサイトの申込フォームからお申込みください。
http://www.jpn-civil.net/2014/contact/genchi_kaigi_tohoku/
※おひとりずつお申し込みください。

●主  催:
NPO法人いわて連携復興センター、東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)

●連 絡 先:
東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)
NPO法人いわて連携復興センター
事務局:高田
TEL:080-9010-8425
E-mail:takada@ifc.jp
URL:http://www.jpn-civil.net/
情報掲載日 2018/07/05

▲ページトップへ