タイトル朗読劇「線量計が鳴る」
〜俳優 中村敦夫が描き下ろし、演じる元原発技術者の独白!〜
団体名朗読劇「線量計が鳴る」仙台実行委員会
開催日 11月7日
●日  時:
11月7日(水) 18:30〜20:30(終演予定)
※開場18:00

●場  所:
宮城野区文化センター パトナシアター
(仙台市宮城野区五輪2-12-70)

●内  容:
第一場 原発の町で生まれ、原発で働き、そして原発事故ですべてを失った主人公の個人史。
第二場 原発が作られ、日本に入ってきた事情。原発の仕組み。福島事故の実態。
第三場 主人公のチェノブイリ視察体験。被爆による医学上の諸問題と現実。放射線医学会の謎。
第四場 原発を動かしている本当の理由。利権に群がる原子力ムラの相関図。

●前 売 券:
2,000円(当日券2,500円)、中高生1,000円(小学生以下は無料)
※全国各地上演会場は定員を上回り、当日券を用意できないケースが相次いでいます。参加希望の方は、お早目に前売券をお求めください。

●定  員:
198名(全席自由)

●チケット取扱い協力団体:
みやぎ脱原発・風の会、
放射能問題支援対策室いずみ
みんなの放射線測定室「てとてと」
せんだい映画村(070-5323-1939)
右岸の羊座シネマーク(070-5326-1974)
カトリック正義と平和仙台協議会

●主  催:
朗読劇「線量計が鳴る」仙台実行委員会

●連 絡 先:
TEL:080-9639-2691(服部)
TEL:070-5323-1939(大石)
E-mail:uganhits@gmail.com(右岸の羊座まで)
情報掲載日 2018/09/05

▲ページトップへ