タイトル3.11メモリアルネットワーク 第2回伝承シンポジウム
響き合うために。
団体名3.11メモリアルネットワーク
開催日 3月23日
2018年度は、地震や豪雨などの自然災害が相次ぎました。東日本大震災後、伝承活動に取り組んできた私たちにとっては、「何ができるだろう」「どうすれば伝わるのだろう」と、自問し続けた1年でした。今回は、南海トラフト巨大地震の発生が想定される和歌山県で長い間伝承を続けてきた崎山氏をお迎えし、いつどこで何が起こるかわからない今だからこそ、大切なものを守るための「響き合う伝承」「あたたかな伝承」のあり方を、皆さまとともに考える機会にしたいと思います。

●日  時:
3月23日(土) 13:00〜16:45

●場  所:
宮城県庁 2階講堂
(仙台市青葉区本町3-8-1)

●内  容:
‘段鵡岷蕁岼陲爐蕕硫弌濱口梧陵の行動を語り継ぐ」
 講師:崎山光一氏(和歌山県/稲むらの火の館館長)

⊆禺團函璽「わたしたちはなぜ伝えるのか」
 若者×佐藤敏郎氏(大川伝承の会共同代表)

パネルディスカッション「響き合うために。」
 パネリスト:崎山光一氏(同上)
    元田久美子氏(岩手県/一般社団法人宮古観光文化交流協会学ぶ防災ガイド)
    里見喜生氏(福島県/いわき湯本温泉「古滝屋」16代当主)
    山縣嘉恵氏(宮城県/野蒜まちづくり協議会副会長)
 ファシリテーター:佐藤翔輔氏(東北大学災害科国際研究所准教授)

●定  員:
200名程度

●参 加 費:
無料

●申込方法:
Googleフォーム(http://ur0.biz/Pi12)よりお申込みいただけます。

●主  催:
3.11メモリアルネットワーク

●共  催:
宮城県

●連 絡 先:
3.11メモリアルネットワーク シンポジウム開催プロジェクト
宮城県石巻市中央2-8-2
TEL:090-9407-3125
E-mail:sympo2019@311mn.org
URL:http://311mn.org/
情報掲載日 2019/01/23

▲ページトップへ