タイトルこども甲状腺エコー検査inくりはら
団体名日本キリスト教団東北教区放射能問題支援対策室いずみ
開催日 3月16日
どんな検査?
首のところにある甲状腺を超音波(エコー)で調べる検査です。妊娠中に赤ちゃんの様子をエコーで見るのと同様です。痛みや害はなく、3〜4分程度で終わります。
保護者の方と検査画像を一緒に見ながら、検査や説明は医師が行い、お帰りの際に写真や報告書をお渡しします。

●日  時:
3月16日(土) 10:00〜16:00

●場  所:
栗原市市民活動支援センター
(栗原市築館伊豆2-6-1)

●医  師:
寺澤政彦氏(てらさわ小児科・仙台市)

●団体概要:
「放射能問題支援対策室いずみ」は、宮城県内においても放射能による子どもたちへの健康影響を慎重・長期的に見守る具体的な取組みが必要と考え、医師や各地住民・市民の方々と協力しながら甲状腺検査や保養プログラムを行っている民間団体です。これまで、のべ3,000人近くの甲状腺検査を行っています。

●対  象:
栗原市内・近郊在住の5〜26歳の方
※震災当時18才以下のお子様が対象です。

●定  員:
50名

●申込方法:
下記連絡先にTELで申し込み。

●主  催:
日本キリスト教団東北教区放射能問題支援対策室いずみ

●協  力:
放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク

●連 絡 先:
TEL:022-796-5272
URL:http://tohoku.uccj.jp/izumi/
情報掲載日 2019/01/25

▲ページトップへ