タイトル死刑執行の現場から死刑制度を考える
「オウムの死刑の深層 死刑は間もなく廃止される」
団体名仙台弁護士会、日本弁護士連合会
開催日 3月13日
日本弁護士連合会は2016年10月7日、福井市で開催された人権大会において「日本において国際犯罪防止刑事司法会議が開催される2020年までに死刑制度の廃止を目指すべきであること」などを宣言しました。
仙台弁護士会では、現在、死刑制度についてどう取り組むべきかを検討するとともに、死刑制度の存廃に関する国民的議論を開始するよう強く求めています。
今回の講演会では、そのような取組の一環として、元刑務官の坂本敏夫氏に、刑務官として死刑囚と接し、死刑執行の場に立ち会った経験を踏まえて、死刑制度の運用、死刑囚のおかれた実情、死刑執行の現場についてお話いただきます。

●日  時:
3月13日(水) 18:00〜

●場  所:
仙台弁護士会館 4階
(仙台市青葉区一番町2-9-18)

●講  師:
坂本敏夫氏(元刑務官・ノンフィクション作家)

●参 加 費:
無料(事前申込み不要)

●主  催:
仙台弁護士会、日本弁護士連合会

●連 絡 先:
TEL:022-223-1001
情報掲載日 2019/02/10

▲ページトップへ