タイトル2017年第1期「チャイルドライン電話受け手ボランティア養成講座」受講生募集(全5回講座)
団体名NPO法人チャイルドラインみやぎ
「チャイルドライン」ができること
チャイルドラインは18歳までの子どもの電話です。チャイルドラインにかけてくる子どもたちの多くは、問題の解決を求めるのではなく、今の自分の気持ちを受け止めてもらいたいと思っています。匿名でいつでも、何でも聴いてくれるチャイルドラインは、子どもの心の居場所です。話を聴いてもらうことで、子どもたちは安心し、自分の抱える問題を整理し、次に自分がどうしたらよいかを考えていきます。チャイルドラインの電話受け手ボランティアは、「聴く」ことで子どもに寄り添い、子どもたちが自分の持っている力に気づくための援助をする活動です。
養成講座では、子どもを取り巻く問題を学び、聴くためのスキルを習得します。全講座受講後、面接と現場研修を行い、活動していただきます。子どもサポーターズ養成講座を受けていただき、途中で受け手希望に変更していただくことも可能です。関心のある方は、ぜひご参加ください。

●日  程:
6月3日(土)、6月4日(日)、6月11日(日)、6月17日(土)、6月25日(日)

●場  所:
日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター) 研修室2
(仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5)

●内  容:
<子どもサポーターズ養成講座日程表>
※希望の講座を1コマから受講できます。全ての講座を修了された方には、修了証書を授与します。
【6月3日(土)】
A 14:00〜14:30「オリエンテーション」(受付13:00〜14:00)
  14:30〜16:30「見落とされやすい子どもの権利を守るために」
         勝田亮氏(弁護士)

【6月4日(日)】
B 13:00〜15:00「子どもの虐待の予防を考える」
         関口博久氏(精神科医)
C 15:15〜17:15「保健室からみる子どものからだとこころ」
         北村志津枝氏(宮城思春期保健指導研究会代表)

【6月11日(日)】
D 10:00〜12:00「発達障害について」
         植木田潤氏(臨床心理士)
E 13:00〜15:00「子どもと性「子どもに伝えたい性・子どもをとり巻く性の問題と基礎知識」
         八幡悦子氏(NPO法人ハーティ仙台代表理事)
F 15:10〜17:10「思春期の悩み「子どもの問題行動と暴力・電話における暴力」
         八幡悦子氏(同上)

【6月17日(土)】
G 10:00〜12:00「いじめ・不登校の子どもを支える」
         林みづ穂氏(精神科医)
H 13:00〜15:00「チャイルドラインから見える子どもの現状」
         小林純子氏(NPO法人チャイルドラインみやぎ代表理事)
I 15:00〜17:00「傾聴とカウンセリング」
         小林純子氏(同上)
J 17:00〜17:30「修了式」※4日間のすべての講座(A〜I)を受講した人のみ


<ロールプレイ研修>(電話受け手ボランティア希望者のみ参加可>
【6月25日(日)】
K 10:00〜15:00「ロールプレイ研修」
         小林純子氏(同上)
  15:00〜16:00「今後の活動について」
         小林純子氏(同上)

●活動までの流れ:
ー講申し込み
<子どもサポーターズ養成講座>全講座を受講
 ※日程の都合が合わない場合は応相談。次回受講できます。
6月25日(日)の<ロールプレイ研修>を受講
ぬ明(修了生の都合に合わせて日時を決定)
ゼけ手として登録し、現場研修
Τ萋案:火曜日 15:30〜19:30、18:30〜21:30
     ※,△里い困譴月2回程度(自分で選べます)

●定  員:
40名
※定員に達した時点で締め切ります。

●受 講 料:
無料。だたし資料代として、全科目受講の方 一般4,000円、学生2,000円。一般聴講の方1コマ500円。

●申込方法:
下記連絡先にTEL、FAX、E-mailで申込み。
申込み時、,名前、△棺蚕蝓↓TEL、ぜ講する講座番号(A〜Kの番号)、デ齢、Τ惺擦罰愬(学生のみ)をお知らせください。

●主  催:
NPO法人チャイルドラインみやぎ

●連 絡 先:
〒981-0954 仙台市青葉区川平1-16-5 スカイハイツ102
TEL・FAX:022-279-7210
E-mail:c.l.miyagi@viola.ocn.ne.jp
URL:http://cl-miyagi.org/
情報掲載日 2017/04/08

▲ページトップへ