タイトル“癒し”としての自己表現展
〜心の杖として鏡として〜
(期間:4/30まで)
団体名NPO法人黒川こころの応援団
開催日 1月11日〜4月30日
1992年以来、東京・八王子で続けられてきた「“癒し”としての自己表現展」は、閉鎖的なイメージの強い精神科病院内での取り組みを広く一般の皆様にも知っていただきたいとという思いから、“街の中で作品展を”という企画のもとにはじめられた展覧会活動です。今回、展覧会特別企画として長く農業をテーマにドキュメンタリー映画を製作し続けている監督・原村政樹さんの最新作『お百姓さんになりたい』を上映する機会とお話をうかがえる機会を得ました。「人間とは?病とは?生きるとは?」「自然」という自(みずか)ら然(しか)るべき在りようを拠り所に、何かを拓(ひら)くことができたらと思っております。

●日  時:
1月11日(金)〜4月30日(火) 11:00〜17:30
※木曜休館

●場  所:
にしぴりかの美術館
(宮城県黒川郡大和町吉岡字館下47)
       入館無料
●出 展 者:
名倉要造、本木健、島崎敏司、石原峯明、国分隆、堀井正明、江中裕子、長谷川亮介など、10名

●入 館 料:
無料

●特別企画:
 映画「お百姓さんになりたい」上映会
 日時 4月7日(日) 上映13:15〜
         原村監督&宇野学 対談15:15〜16:45
 上映協力金 1人1,000円 ※当日受付で。
 定員 30名(E-mailによる事前申込優先)

●主  催:
NPO法人黒川こころの応援団

●連 絡 先:
にしぴりかの美術館
TEL:070-5011-0028(小野田)
FAX:022-343-7077
E-mail:info@nisipirica.com
URL:https://m-kissa.com/
情報掲載日 2019/02/08

▲ページトップへ