タイトル【企画展】おらほのアルバム 〜縁側で見るまちのオモイデ写真〜
団体名せんだい3.11メモリアル交流館
開催日 3月1日(火)〜6月19日(日) 
震災前、ここにどんな暮らしが、風景があったかおぼえていますか。
2022年3月11日、仙台市東部沿岸地域は震災から11年目を迎えます。

市民発信の活動や跡地利活用を通して、沿岸部に新たな活気が生まれてきています。
しかし、風景や営みが新たになっていく一方で、記憶や痕跡が薄れてきているのも事実です。
かつてのことを忘れないために、未来へ伝えるために有効な方法。
そのひとつが震災前の写真を見ながら、かつての暮らしについて語り合うことです。

会場には、仙台市東部沿岸地域で震災前に撮影された写真が貼られ、誰かの家のような縁側(えんがわ)があります。
かつての縁側は、近所の人も初めての人も座れるような、ちょっとした交流の場でした。

沿岸部に住んでいた方も、震災前の風景を知らない方も、さまざまな人が写真を通してかつての暮らしに思いを馳せ、交流できる機会となれば幸いです。

詳細はこちらでご確認ください。
https://sendai311-memorial.jp/feature/oraho/

●日  時:
3月1日(火)〜6月19日(日) 10:00〜17:00
休館日:毎週月曜日(月曜が祝日の場合はその翌日)
    祝日の翌日(翌日が土・日・祝日の場合はのぞく)

●場  所:
せんだい3.11メモリアル交流館 2階展示室
(地下鉄東西線荒井駅舎内)

●参 加 費:
無料

●主  催:
せんだい3.11メモリアル交流館

●共同企画:
3.11オモイデアーカイブ

●連 絡 先:
仙台市若林区荒井字沓形85−4
TEL:022-390-9022
情報掲載日 2022/04/27

▲ページトップへ