タイトル2018仙台わらアート〜おいしい!若林〜
団体名せんだい わらアート実行委員会
開催日 9月15日〜12月9日
「2018仙台わらアート」は、大人気のトリケラトプスをはじめステゴザウルスやティラノサウルス親子、プテラノドン、ブロントサウルスといった恐竜や翼竜のほか、犬や鶏などの馴染み深い動物もお目見えし、さらにパワーアップした展示を予定しています。展示期間中は、オープニングイベントをはじめ、さまざまな催しを企画します。

●期  間:
9月15日(土)〜12月9日(日) 9:00〜17:00
※月曜日は休園日、但し月曜日が祝祭日の場合は翌平日が休み

●場  所:
せんだい農業園芸センター みどりの杜
(仙台市若林区荒井字切新田13-1 TEL:022-288-0811)

●内  容:
【わらアートとは?】
若林区の沿岸部は、東日本大震災により甚大な被害を受けましたが、今では多くの方々の継続した努力により、おいしいお米や野菜を生産しています。
このイベントでは、震災復興の象徴として区内の被災農地からとれた稲わらを使い、恐竜の製作を行っています。
実際に見て、触れて、楽しんでください。

●主  催:
せんだい わらアート実行委員会

●連 絡 先:
事務局(一般社団法人ReRoots内)
TEL:022-762-8211
URL:http://sendai-nogyo-engei-center.jp/event/detail.php?id=182
情報掲載日 2018/10/06

▲ページトップへ