タイトル〜いろいろな場と支援のありようを体感する〜
第3回【体験学習】関係性を身体で感じる
団体名「場」と「支援」探求会
開催日 2月16日
「良い支援」って何だろう? 「人がいきいきする場」とは?対人支援、市民セクターで働きながら、そもそも「支援」って何だろうを問い続けている人たち、人間理解を深めたい人たちが集まって共に学ぶ体験学習会です。
全3回の学習会ですが、各回ごとの参加も可能です。

●日  時:
2月16日(土) 14:00〜17:00

●場  所:
「ほっぷの森」(NPO法人ほっぷの森)
(仙台市青葉区本町1-2-5 第三志ら梅ビル4階)
※地下鉄 広瀬通駅から徒歩10分
※バリアフリー

●講  師
谷口起代氏
(ソーシャルワーカー&心理療法家。精神保健福祉士。公衆衛生学修士。社会デザイン学博士。共創ラボ主宰・立教大学社会デザイン研究所研究員)

●内  容:
・場(フィールド)とは何か?
・スロームーブメントでアイスブレイク。関係性に織り込まれた自分を感じる。(ファミリー・コンステレーションの体験)
詳細はhttps://www.facebook.com/events/497839914068775/

●対  象:
支援に携わる人や関心のある方ならどなたでも

●参 加 費:
3,000円

●申込方法:
下記連絡先にE-mailで申込み。
申込み時、お名前、参加希望の回、電話番号をお知らせ下さい。

●主  催:
「場」と「支援」探求会

●連 絡 先:
担当:小椋 亘(おぐら わたる)
E-mail:batoshien@gmail.com
URL:https://www.facebook.com/events/497839914068775/
情報掲載日 2018/11/20

▲ページトップへ